結婚式関係の音響求人

音響求人TOP >> 条件別の音響求人 >> 結婚式関係の音響求人

結婚式関係の音響求人

結婚式関係の音響求人も多数存在しています。ブライダルのディレクションを担う会社が募集している場合と、そのような会社が委託する事業者で働く場合がありますが、結婚式に特化した音響の仕事はウエディングプランナーの会社の募集に応じる方が機会が多くなります。仕事のポイントとしては、舞台やコンサートとは違い、相手をするのが「一般の方」であることがほとんどであるということです。音響はあくまでも主役ではなく、そのセレモニーを滞り無く進行する段取りと、心地よく過ごすことができる適切なバランスを実現することがミッションになります。

セレモニー自体にはその会を統括するディレクターがつく場合がほとんどで、進行自体あらかじめ設定されている場合が多く、他のスタッフと協調してメモリアルなイベントを支えることになります。マイクに慣れていない方々の音声をしっかりと拾うことが大切ですし、新郎新婦にとっては人生の一大イベントであり、それぞれの方が発する言葉のひとつひとつをしっかりと会場のすべての方に届ける必要があります。また、セレモニーを盛り上げるBGMに関しても、新郎新婦が選択したものを使用することが多く、それらの順番などもしっかりと把握しておく必要があります。

もともと土日があまり関係ない音響の業界にあって、特に世間の休日が仕事になることが多いのが結婚式関係の仕事です。求人に応じる際にはあらかじめ土日や祝日は仕事になるという前提で応募するようにしてください。また、ラフな服装で仕事ができることが特徴の音響業界の中でも、ブライダル系は本番時に「スーツ」を着用することがほとんどです。ステージと客席が明確に分かれていることが少ないため、会場の中を行き来することもあり、セレモニー中の作法が問われる局面も多々あります。そのため、ブライダルプランナーが音響チームを直接運用することが多いのです。参列する方に対しての節度も求められる現場であるため、単純に音響の腕だけがあればいいというわけではありません。

現場音響ではあるものの、結婚式関係の音響の仕事では注意すべき点が一般的なコンサートとは違うという点が大きいのが特徴になります。音響のセッティング自体はコンサートや演劇に比べてシンプルで、音響だけに関わるスタッフも少なくなりがちではあるものの、その分自身が任されたときの責任は重大です。当事者たちにとっては一生の思い出になりますので、それを彩ることができるようにしっかりと務める必要があります。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.