テレビ・ラジオ関係の音響求人

音響求人TOP >> 条件別の音響求人 >> テレビ・ラジオ関係の音響求人

テレビ・ラジオ関係の音響求人

テレビ・ラジオ関係の音響求人は放送局が直接募集する、あるいは番組制作会社が募集することがほとんどです。これら「放送」に関わる音響の仕事に関しては「MA」と呼ばれる専門分野の音響になります。もともと音響といっても一言でまとめられるような業界ではなく、スタジオワークのエンジニアと現場音響のPA、そして放送に特化したMAは業界の中では異分野として扱われることになります。PA畑とスタジオ畑を両方こなすエンジニアも存在しますが、MAに関しては交わることが少なく、使用する機材に関しても専門的であり、特化した技術の習得が必要です。最初にどの仕事を選ぶのかによって、特化する技術に差が出ることになります。

MAの仕事は編集し終わった映像に音を入れ込む作業になります。テレビ番組を見ていると、出演者のセリフ、さらにはBGM、さらには「効果音」がふんだんに用いられていることに気がつくはずです。その作業のすべてを担うのがMAミキサーの仕事です。MAとは「マルチオーディオ」の略です。収録した番組であれば映像の編集後にこの作業を行うことになりますが、生放送ではリアルタイムに行うことになります。テレビでは映像にあわせてこの作業を行いますが、ラジオの場合は音声そのものが番組であるため、MAが番組の最終的な部分を担っているということになります。

それぞれの番組にはディレクターと言われる「監督」の役割を持ったスタッフが付きます。民放の場合はその番組を支えるためにスポンサーが出資していることが多く、どれだけその番組を「視聴してもらえるか」ということがビジネスの根幹になり、放送局のすべてになります。よく「視聴率」という言葉を耳にすることがあると思いますが、これはその番組がどれだけ広告的価値を持つことができるかということで、視聴者にとっては無料なので気に入った番組を自由に楽しむことになるのですが、番組制作側にとってはいかに一度視聴し始めた番組に釘付けにするかということが重要なミッションになります。

音によって番組を盛り上げることもできるため、MAに課せられたミッションは非常に重要なものになります。ただ音を編集するだけではなく、如何にして人を釘付けにすることができる音の編集ができるかという点が問われる仕事で、テレビの場合は最終的な「仕上げ」の部分にも相当する重要なポジションです。MAの仕事を通じて番組のクオリティを上げること、これが使命になります。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.