未経験可の音響求人

音響求人TOP >> 条件別の音響求人 >> 未経験可の音響求人

未経験可の音響求人

未経験可の音響求人が意味するところは、採用した人材を「育てる」ということを大前提にしているということです。音響の仕事を習得するためには、「現場経験」がもっとも効果的なトレーニング方法になります。どれだけ理屈を覚えても、現場で触れることを経験しなければそれは机上の空論になります。それはイベントコンサートに触れる現場だけでなく、スタジオなどの制作現場、放送局などの放送の現場でも同様です。現場に触れる機会が、上達の機会に等しいのです。

多くの未経験をOKとする求人では、実際に就労したあとはまずは「下積み」からスタートすることになります。いきなり主力としては働くことはできないため当たり前といえば当たり前なのですが、この下積み時代がもっとも肉体的、精神的に厳しいと感じるものです。ただ、ひとつひとつの仕事が最終的により良い音響ワークの礎になっていることが理解できるタイミングから、それまで「雑務」だった仕事のひとつひとつが重要な意味をなす「業務」に変わることになります。また、一般企業と比較するとかなり特殊な就労環境になるため、手取り足取り教えてもらえるわけでもありません。ある程度自分自身で「盗む」という意識も必要になります。

未経験がOKだからといって、ただ黙って仕事が降ってくるのを待っているのでは仕事の習得は遅れてしまいます。自身から仕事を得る率先力がもっとも大切です。また、個人の技量だけで仕事が成立することも少ないので、特に「人間関係」は大切です。一般企業にはない「専門職」独特の空気感にいち早く馴れることが打ち解けるための秘訣です。就労すればわかるのですが、服装や髪型に関しては完全に「自由」であることも多いため、一般の企業では絶対にない雰囲気がどの音響会社にもあります。深く経験を重ねている大ベテランと接するチャンスも多く、一見仕事とは関係ないように感じる局面でこそ、貴重な話を聞くこともできます。そのような「機会」を無駄にしないことを心がけることも大切です。

音響業界の「未経験可」という案件は「育てる」という大前提を掲げているものの、働いている方の「意欲」が左右する局面が多々あります。働き始めることで安心するのではなく、それはあくまでも「スタートだ」という意識で業界の飛び込むことが大切です。専門性が高く、さらに「経験」が問われることも多いため、働きながら勉強できるという意識で臨んでください。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.