コンサート・ミュージカル関係の音響求人

音響求人TOP >> 条件別の音響求人 >> コンサート・ミュージカル関係の音響求人

コンサート・ミュージカル関係の音響求人

舞台を用いて芸術を表現するコンサート・ミュージカルにおいても音響の役割は大きいです。コンサート・ミュージカル関係の音響求人は現場音響のスタンダードとして、長く定着したものです。コンサートの場合、その音響を手がけることができる事業者はとても多いです。

ライブハウスなどの小規模なものから、コンサートホールなどの大きなものまで、会場の特性もさまざまです。タイプとしてはそのような「ハコ」に直接雇用される場合もあれば、請負業者としてさまざまな会場で仕事を行う場合があります。経験としてはライブハウスなどの小規模な会場からキャリアをスタートさせるというルートを辿る方が多いです。コンサートホールなどは音響の設備を管理する役割であることが大半で、実際の公演ではアーティスト専属の音響スタッフとの協調作業になるケースが多いです。

コンサートの音響と演劇の音響は同じようでいて少し違います。コンサートの現場で気にしなければいけないのはステージ側の音、いわゆる「中音」という演奏者がモニタリングするための音と、「外音」と言われる観客席側の音です。これらの音のバランスをとることに終始することがコンサート音響です。モニタリングに関しては特に演奏者がとても注意するもので、満足のいく状態を作り出すまでにかなりの時間を要することも多々あります。

舞台ではあまりこの「中音」に関してのプライオリティが高くはないのですが、その一方で役者の方々の音声をしっかりと捉える必要があります。広い会場ではどれだけ大きな声で演技をしたところで、どうしても客席全体に響き渡るような声を出すことが困難です。演技の抑揚をしっかりと捉えることができるようにバランスを整え、ただ大きな音にするだけではなく、ダイナミクスにも注意した音響設定が求められます。大規模な劇団などであれば専属の音響チームを擁している場合も多く、劇団と共に移動することも度々あります。その時に公演している演劇、ミュージカルに合った音響バランスをどの会場でも再現するためでもあります。

コンサート・ミュージカルの音響に関しては現場音響の典型です。現場の仕事はどれだけ場数を踏むことができるかという点がポイントになり、経験がそのまま技術向上に繋がります。会場を移動して仕事をすることが多い場合は、それぞれの会場に最適な設定を見つけることもポイントになりますが、仕事をしたことがある会場の特性を記憶しておくことも大切です。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.