50代に人気の音響求人

音響求人TOP >> 条件別の音響求人 >> 50代に人気の音響求人

50代に人気の音響求人

一般的な50代の転職は、40代より更に厳しくなる事は想像できます。しかし、粘り強く諦めずに、就職エージェントに登録をして(中には一軒目のエージェントで50代では職がないと言われる場合もあります)プロのアドバイスに耳を傾ける柔軟さが必要です。しかし、音響関係の求人には他業種とは違った50代の転職先があります。

聴力は加齢とともに衰えるという一般的な話もありますが、音響のプロは年齢とともに音への鑑賞能力が増したことを自覚する人もいます。その人は、同じCDを40代で聞いた時よりも50代で聞いた時の方が新しい気づきがあるというのです。55歳の時に聴いたCDを60代でもう一度聴いてみると違う感動があるといいます。鑑賞するという事に能力があるのなら、経験が影響しているかもしれませんね。若い世代では感じ取る事が出来なかった音への感覚を、その後の経験を通して音楽を違う感覚でもっと詳細に評価する事ができるのなら、年齢とともに聴力よりも鑑賞力が増すのでしょう。音楽業界では、50代、60代の超ベテラン音響エンジニアがすばらしい仕事をしたと評価されています。

中小企業庁の調査による「フリーランス」の年齢構成を見てみると、40代が36%で50代が38%で、音楽の音響の世界でも同じような事が起っています。実力がある音響エンジニアは、自分の腕一本で独立して会社設立も夢ではありません。ところがフリーランスのデメリットとして収入の不安定さ、福利厚生がほとんどないことなど、年齢を重ねるほど不安がつのります。企業に転職する道があれば、生活も安定させることができます。

音響関係の求人は年齢不問の事が多く、仕事をこなすことができれば企業への転職も夢ではありません。大企業に在職中に50代で転職するなど、あまり考えられません。ところがフリーランスで仕事をこなしている50代が、企業に転職をすれば経営をしなくて済むので、更に自分の技術に磨きをかける事ができます。

お勧めの求人は東京放送ホールディングスが出資している「概BSビジョン」です。プロデューサーやディレクターを募集しています。プロデューサーは番組全体の製作を見守り指示する立場にあり、例えば番組製作となるとそれまでの人脈を活かして技術職のスタッフ構成や、出演者などの構成にもかかわり全体的な指揮者になります。ディレクターはいわば現場監督に当たる役目で、当然現場での仕事の経験者がものを言います。現場で製作経験がある方を募集していますので、音響関係の経験があれば現場でのディレクターへの抜擢も夢ではありません。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.