音響の仕事内容

音響求人TOP >> 音響転職の基礎 >> 音響の仕事内容

音響の仕事内容

音響の仕事内容に関しては、とても専門性が高いものです。最初の時点で「未経験」の方はほぼ応募前に脱落してしまうというもので、一般社会で学べることでもありませんので、応募に際しての敷居が高くなってしまっている一因でもあります。音響といっても現在では多岐に渡る役割を果たしていて、どのような角度から音楽に関する仕事を掘り下げても必ず音響のスタッフは存在しています。それが表からは「見えない」ということもこの仕事のイメージを硬化させている原因でもあります。ですが、どの仕事においても基本的に行うこと、存在理由が明確であるため、それを理解することができればまたたく間にこの仕事のことが分かるようになります。

音響の仕事では、大前提としての目的があります。「出された音を最適な形に整える」ということです。スタジオ系、制作系の音響であっても、コンサートやイベントの現場系の音響であっても、大前提はこれに尽きます。音響の仕事自体が存在する理由は、「複数のソース」から発せられている音を、それぞれの環境に適合するようにまとめあげる必要があるからです。音楽制作の現場であればマルチトラック、いわゆる複数リソースの音源をしっかりと2つのスピーカーに配分して適正に聴こえるようにすること、コンサートなどの現場ではどの客席にいてもその場の音楽を楽しめるようにすること、それぞれフィールドは違っていても、目的自体は共通しているのです。

スタジオや制作現場での音響スタッフは「サウンドエンジニア」と呼ばれることが多いです。これは制作の中でもクオリティを担保するためには必要不可欠な存在であり、一般的に製作者はある程度まではその道のことを知っていても、特化しなければ簡単には同様の仕事を行うことができません。作曲したもの、演奏したものの良し悪しがどうであれ、最終的に完成するもの自体はこのような専門のエンジニアの最終調整によって左右されるということです。

そして「現場系」の音響スタッフは「PA」と呼ばれることが多いです。「PA」とは、多チャンネルから流入する音源を調整する機器のことでもありますが、その機材をその仕事を担う人々の総称としています。スタジオ系のエンジニアとは違い、ステージパフォーマンスが伴う現場での音響スタッフは、演者が心地よく演奏できるように邪魔にならない配置でしっかりと音を拾い上げるところからスタートしなければならず、イベント全体にとって非常に重要なポジションです。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.