音響に関わる資格

音響求人TOP >> 音響転職の基礎 >> 音響に関わる資格

音響に関わる資格

専門的な仕事である音響の仕事では、音響に関わる資格を有していることで有利になることがあります。現場系の音響スタッフではひとつ国家資格があり、それは「舞台機構調整技術士」という資格で、3級から1級があります。舞台機構ときくと音以外でも舞台に関わる部分に関してを取り扱うようなイメージになってしまいますが、試験の中心は音響機器の扱いとその精度に焦点が当てられています。この資格を有していれば、現場系の音響求人ではやや有利になります。ただ、現場系音響の仕事に従事している方のすべてがこの資格を有しているわけではなく、あくまでも技術と経験が重視される仕事であるということは理解しておいてください。

対してスタジオ系、制作系のエンジニアにはこのような国家資格はありません。これらの仕事に関わる方がどのように捉えられているかというと、専門的な技術で実現できる、出来上がったものの「クオリティ」によって良し悪しを判断されます。どれだけ知識があっても、技術が伴わずクオリティが低くなってしまえばそれまでということです。エンジニアとして関わった作品、或いは放送などの「質」が、クライアントの期待値以上でなければ、どれだけ専門的な知識と技術を有していても評価はされないということです。

このように、音響が関わる部分では一部、「舞台」に関する資格があるだけで、音響の仕事では実際の仕事のクオリティが問われることが多いです。これらの仕事で大切な意識は、結果的にできあがるものが「自分の仕事ではあるが自分のものではない」ということです。レコーディングした作品として世の中に出すものであればアーティストのもの、ゲームなどのサウンドバランスを整えるという仕事であればゲームのクオリティの一部として、放送のMAであればその番組が当然担保しているクオリティの一部として、コンサートやイベントの現場であれば興行主やイベンター、さらにはアーティストの面目としてのクオリティを維持するための、「仕事」であるということです。

音楽に関わる部分の土台を支える仕事ではありますが、一般的にそれらを楽しむ人から評価されるかというとそうでもなく、それでいて「クオリティが高くて当たり前」と捉えられることが多い仕事です。資格で担保されることも少ないため、まさに「腕一つ」で駆け上がることができる業界でもあります。必要な知見も日々進化していますので、まずは現場に飛び込むことが大切です。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.