音響の志望動機

音響求人TOP >> 音響転職の基礎 >> 音響の志望動機

音響の志望動機

音響の志望動機に関しては人それぞれではあります。もともと音楽が好きな方が関わることが多い業界であり、自身がそれまで楽しんできた音楽作品、または舞台芸術、または番組などを深く堀り下げていくうちに、そのような仕事があることを知り、関わりたいと考えるようになっていったというのが、現職のスタッフがその仕事をし始めた理由としては多いようです。専門的な仕事ではあるものの、働くまで情報を一切得ることができないかというとそういうわけでもなく、一般的に販売されている雑誌などから学ぶことも可能ですし、現在では専門学校で学ぶことができますので、転身を決意した際にそのような学校に入学する方もいます。

音楽や芸術はとても好きではあるものの、自身がフロントで何かをしようというわけではなく、スタッフとして関わりたいと考えている方がまずは志望することが多いですし、さらには作品などに触れていくうちに、同じ市販されているものでもクオリティやサウンドのまとめ方がまったく違うということに気が付いた方、そしてそこに興味を持った方が志望することが多いです。ただ、漠然と「興味を持っている」というだけではなかなか現場に飛び込むことはできないため、大切なことはその「興味」をどのようにして知識と技術に繋ぐことができるかということにあります。

スタジオ系の音響スタッフ、いわゆる「エンジニア」といわれるような立場の方々では、自身で音楽制作を行っているという方も多いです。近年では民生用のパソコンのスペックでもそれを中心にした録音環境を構築することができます。機材もそこまで高いものを揃えなくても環境を作り上げることができますので、自宅で自分が作った音楽をある程度完成させるということができます。そのようなことに関わっているとエンジニアの仕事を理屈抜きで解釈することが容易であり、音楽を作ることよりもむしろ各トラックをまとめることが好きだ、と気がついた方が転身することもとても多いケースです。

現場系はまた少し違っていて、コンサートやイベントが持つ独特の空気感のようなものが好きという方が興味を持つことが多いです。自身でもそのような舞台やステージに立つような取り組みを行っていた方も多く、空間を音で埋めること、その場の観客を楽しませることに対しての興味、技術に対しての興味を持った方が多く関わっています。現場感覚が必要ですが、それらを自然と持ちあわせている方が多いようです。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.