音響の求人倍率

音響求人TOP >> 音響転職の基礎 >> 音響の求人倍率

音響の求人倍率

音響の求人倍率に関しては、額面上と実際をわけて判断する必要があります。ただ漠然とその業界に憧れて、甘い気持ちで応募する方がとても多いため、そのような方はすぐに見抜かれて採用されることはありません。それでもそのような方も倍率を測る際の母数になっているからです。仕事の内容も把握せず、ただ「音楽に関わる業界で働きたい」という方は本当の意味での競争相手にはなりません。しっかりと自身でも勉強してきた方、どのような仕事に対して応募するのかを理解できている方が、本当の競争相手です。

しかも、未経験の方が採用される場合は「熱意」があることが前提であり、逆にいえば熱意さえあればタイミングによっては即採用ということも考えられる業界であるため、「運」も大きく起因します。チャンスを逃さないためにしっかりと情報を捉えることができていることが、ライバルたちに差をつけるための重要なポイントになります。また、独自で「ツテ」を持っている方も競争相手としては脅威です。一般的な募集の形をとらずに採用を行う会社もあるため、そのような特別なラインを持つ方に先を越されてしまうことは多々あります。ですが、だからといって独自でコネクションを作るのは至難の技ですから、コネを持つ人はまず度外視して求職活動に臨むのがいいです。

時期的には、音響の専門スキルを学ぶ学生たちが職を探し始める年明けの頃はやや倍率が高くなります。ただ、すべての学生が求職活動に躍起になるわけではなく、在学中からアルバイトなどをしていて就職先を決めている学生や、地方から中央に進学した場合、卒業後に地元に戻ることにしているという人まで、大学と比較すると一様ではなく、大学の就職活動のような光景ほぼ見られません。そのため、明らかに求職者が飽和するという状態にはならないのですが、もともと豊富な求人量が存在する業界ではないので、やや難易度が増すことになります。

ただ、そのような専門学校を卒業しているからといってすべての人材が即戦力に育っているわけではなく、就職に際して圧倒的に不利になるわけでもありません。学校で学べることは三ヶ月の現場経験には勝ることはないのです。そのため、学生たちと張り合って求職活動を行うことも可能です。社会人として経験した「礼儀」など、世間で大切とされていることは、音響の業界では特に重んじられるものです。その点、転職者は学生たちよりも有利なのです。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.