音響の面接対策

音響求人TOP >> 音響転職の基礎 >> 音響の面接対策

音響の面接対策

音響関係への就業を希望する際の面接対策ですが、基本的には通常の面接と同じ方向性です。クリエイティブ系の面接には「自分らしい服装でおいでください」というケースもあります。当然迷ってしまいますが、現場の雰囲気を想定し、雰囲気が合致した服装にすると良いでしょう。

クリエイティブ系の就職を目指す場合の服装は、その業界の人達と同じような服装をして現場になじむ事が必要です。試験官にも違和感なく、自分のやる気をアピールする事が出来るでしょう。とくに音響は、アクティブに動きやすい上できちんとした感じの細身のパンツと一般的なシャツで好感度がアップします。もちろんリクルートスーツもOKです。面接は、試験官があなたを気に入ってくれるかどうかの大切な試験ですので、その現場に合ったきちんとしたスタイルで出掛けましょう。

こっそりスタジオに下見に行ったりなどして現場の雰囲気をつかむ事ができれば良いのですが、クリエイティブ系の仕事は密室で行われることが多いものです。下見が無理な場合は良く似た現場を検索などしてみて画像を探し、その場の空気をつかむ努力をしましょう。

面接の対策は、相手の仕事をどれ位把握しているかにかかっています。相手企業はどんな人材を欲しいのか、すぐに働ける戦力なのかそれとも自分を育ててくれるのか等、正しく見極めていく必要があります。相手企業が作っている作品の方向性や、実績の研究が必要です。試験官はどれだけ自分たちに興味をもっているのか、つまり自社をより理解している人を採用すれば良い仕事が出来ると考えるでしょう。

何をアピールするのかは、これまで受賞した賞をアピールするなど具体例があれば良いのですが、受賞がない場合は話術で相手をひきつける必要があります。異分野への転職ならばどんな事が得意で、どのように会社に役立つことが出来るのか、自分自身で文章を何通りにも作って練習する必要があります。情熱を訴えるといっても具体例がないとアピールするのはとても難しいでしょうし、自分に出来る事を相手のブランドカラーを想定して訴えるのが良いでしょう。将来このような形でお役にたちたいなど、素直に具体的な製作方針など質問しながら自分の気持ちを訴えるのも好印象です。ただ漠然と転職したいと思っているだけでは何もアピールできません。具体的にその会社での自分を想像しながら面接を受けましょう。当日は、緊張するのが普通ですので練習回数が多いほど緊張感が薄れます。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.