音響求人ナビ【※音響関係の職探し】

音響の転職なら転職サイトが必須

音響の仕事はあまり一般的に知られていませんが、音楽イベントはもちろん、結婚式などのパーティー、ゲーム関連のアミューズメントなど普段の生活で触れることが多いです。求人を探す場合は専門の転職サイトを利用する方法がおすすめです。

例えばマイナビエージェント。音響関連の求人も多く、コンサルタントが条件交渉を代行してくれたりとサポートも手厚く人気の転職サイトです。

音響の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
優良企業とのパイプが太い!福利厚生がしっかりした音響求人が得られるのでとても安心
クリエイティブ系の求人に特化したエージェントが在籍!新しい業界に転身する際も安心
◯音響業界でのキャリアパスイメージを一緒に考えることができるので将来設計もできる!



リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
◯圧倒的な営業力で、音響業界にも積極アプローチ!豊富な求人数が最大のポイントです!
さまざまな分野からコンサルタントが集結!音響分野へ新規進出のアドバイスもしっかり
非公開求人が多数!適正にあった音響求人をリサーチしてくれるので短期間での転職も!



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
音響業界に新規チャレンジする場合も安心!ひとりひとりに適切なキャリア診断を実施!
◯業界がはじめてでも面接対策があるから安心!内定のポイントをわかりやすく教えてくれる
収入面の交渉も代行!忙しい音響業界でもしっかりと給与、就労条件を確認してくれる!




DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
◯掲載している求人情報は全体の1〜2割、ほとんどが非公開求人!音響求人も多数見つかる
年収面で満足した方が多数!音響業界でのキャリアアップが可能!妥協しない方にオススメ
専任コンサルタントとマンツーマンでカウンセリング。音響業界で何をやりたいのか再確認



キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
◯マッチングメール機能で応募のタイミングが重要な音響業界の求人情報を逃さずゲット!
未経験者を積極採用する企業が集まっているので、音響業界がはじめてでも安心できる!
◯希望する音響業界への就職が決まるまで、アルバイトも探せる!一度の登録だけでOK!



音響の求人探し事情は?

音響の求人探し事情ですが、音響系の仕事は専門性が高く特化した技術を必要とする仕事であるため、なかなか一般の方が簡単に移ることが出来ないという意識を持ちやすいのが実際です。募集情報自体は存在するのですが、仕事に対しての「イメージ」はあるもののそのイメージしている仕事と募集内容が合致しているかどうかの判断がとても難しいのです。ですから応募の倍率自体が高くなく、むしろ募集側はなかなか人が集まらなくて苦労しているというのが実情です。これは応募する側にとってみれば「チャンス」であり、募集内容からどのような仕事をするのか、どのような技術を備えた人材が求められているのかを把握することが大切です。

音響の仕事に関しては非常に専門性が高いものです。仕事にまつわる機材も高価なものになりがちで、技術に加えてそれらに対しての知識も問われることになります。音響の仕事も日々進歩していて、それらは機材の進歩に等しいです。それらの機材のことにどれだけ詳しいのかということも、採用の際に問われる素養になりますが、この時点で一般の未経験の方はほとんど意欲をなくしてしまうということがあります。音楽の仕事の中でも重要なポジションである音響のスタッフですが、このようなことからやや人材難になりつつあり、求人自体は増加傾向にあるのが実際です。

求人の探し方ですが、逆に音響に関わる人材を求めている会社がどのようにして人材を得るのかという側面から考えてみると、採用は非常に限定的になっています。まずは「知り合い採用」、これはとても多いです。求人を出さず、「ツテ」で人材を探すというものです。同業の会社を辞めた方を引き抜いたり、或いは好条件を示して引き抜いたりと、人脈を辿る方法で人材を確保する方法です。これは確実ではあるものの、大量に人材が必要になった際などにはどうしても即効性に欠ける方法であり、また「次世代」のスタッフを雇い入れるための方法としては心もとないものがあります。

次に多いのは専門学校の学生から採用するということです。音楽系の業界は独特の広がり、コネクションがあります。業界全体でもっともフレッシュなもの、それはその「道」を専門的に学んでいる「学生」たちになります。意欲も高く、かつスキルを磨いてきた学生の登用は一年に一度の大きいイベントです。そしてその「他」というと、人材紹介会社に委託して網を張るという方法が挙げられます。

音響の採用基準は?

音響の採用基準に関してですが、その人材をどのように捉えているのかということで大きく変わってきます。その人材を1から育てていこうと考えている場合、「意識の高さ」を重視して採用することが多いです。その「道」に対してどれだけの意識、熱意を持っているかを推し量り、それが高い方から採用するというケースです。特に現場系の仕事では本格的な経験はプロの現場でしか積むことができません。いわゆる中途としての採用であっても、「経験者」というラインを引いた時点で応募がゼロになってしまうことも懸念されるので、長期スパンで一人前に育てていくという前提を持たなければ採用活動自体ができないのです。

対してエンジニア系の求人では、ある程度個人でも経験を重ねることが可能です。サウンドエンジニアの場合、必要になる知識や技術の中にその作業に特化した専門的なソフトウェアの存在が欠かせません。現代の音楽制作が多くの部分でコンピュータが関わる局面が多く、実務ではそれらの操作が欠かせません。すでに音楽制作のスタンダードがコンピュータに移ってから10年以上経っていて、時代のニーズやコンピュータのスペックアップによって機能はより深く、そして初見ではどうしても煩雑化しているように見えてしまうため、習熟にはとても時間がかかります。

ですが、それらの専門的なソフトウェアは民生用のコンピュータでも十分動作するものであり、一般的にも販売されています。「DTM」という言葉があります。これは「デスクトップミュージック」の略なのですが、そのようなことに対して知見のある方、実践している方が積極登用されることが多いのがエンジニア系の音響求人です。DTMにもさまざまなアプローチ方法があるのですが、採用で重視されるのは「使用しているソフトの種類」です。業界標準である「プロツールス」というソフトがあるのですが、このソフトを使用したことがある、或いは進行系で使用している方はエンジニアとして登用される機会も自然と多くなります。

放送を司るMAはなかなか自身で知見を重ねることが難しいのですが、重視されるのは「放送」が持つ独特のリアルタイム性を理解していることです。番組を放送すること自体が放送局の大前提であり、仕事です。「時間」に関してのシビアな感覚を経歴の中で持つことができていれば、採用されやすいという特徴を持っています。生放送の場合は少しのトラブルが放送事故に繋がることもあります。そのような感覚を基礎として持ち合わせている方が求められているフィールドです。


Copyright (C) 2014-2018 音響求人ナビ【※音響関係の職探し】 All Rights Reserved.